ホンダ系2stスクーター腰下オーバーホール

ジャイロ系、ライブディオ系のクランクベアリングは工業規格外の弱い作りになっています。
「リミッターまでエンジンが回らない」、「エンジンから異音がする」などの症状が出始めたら早めのオーバーホールがお勧めです。
そのままに使用していると、シリンダーの焼き付きやクランクの曲がりなど、結果的に大きい出費になってしまいます。

ベアリング脱着時には熱膨張を用いて、交換の利かないクランクケースを痛め無いよう作業を行っております。
クランク挿入には専用のカラーを使い、一般レベルでは不可能な1/100mm精度の完璧なベアリングのセンター出しを行い、新車以上の高回転と長寿命を実現します。

基本的にはエンジン本体を送って頂き、オーバーホール後、お客様にお送りします。
往復の送料はご負担いただきます。
車両持ち込みでの作業も受け付けています。



まずは、お問い合わせフォームからメールでご相談ください。


*ベアリングやオイルシールなどの交換部品込みの料金です。


20,000円

注文数 :

カートの中身

カートに商品は入っていません